ちょっとだけ裕福になる為に・・・

人より少しだけ裕福になりたい                 そんな願いを叶える為の手助けをしていきたい。         月100万円を稼ぐ為への入口へようこそ

幸せと不幸せ、好きと嫌い

      2016/03/11

LINEで送る
Pocket

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

インターネットで月10万円稼ぐ方法を無料公開
https://canyon-ex.jp/fx19753/touroku4

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

こんにちは、HaYaToです。

好きだけど、不幸せ。
嫌いだけど、幸せ。

こんなことはありえるのだろうか。

「幸せ」を感じるのは、
相手ことが
好きであろうが嫌いであろうが
関係ないのだろう。

それは「想う」ことと、
「感じる」ことの違いからだろう…

どちらも人間の感情だが、
「想う」ことは、
その人が一方的にもっている感情。

「感じる」ことは、
その場にいる人達が共有できること。

例えば、好きなアーティストのライブに、
知らない人達が集まり、
その時の感情を「感じる」。

題目に「幸せ」とありますが、
前述した例えでは
「楽しい」とか「感動」とかでしょうか。

まあ、「感じる」という感情は、
数え切れないくらい
たくさんありますよね。

前置きがとても長くなって
しまいましたが、
既に言おうとしてた事が
わかったと思います。

よく「幸せにします」という
言葉があります。

でもそれって他人に
「幸せ」を感じてもらえるように、
行動することだと思います。

たぶんですが、
その行動をとることで
感じるストレスを
いかに小さいものかどうかが、
お互いの「幸せ」
繋がっていくのでしょう。

そして、どちらかが
耐えきれなくなった時に、
感情が「爆発」するのだと思います。

そしてその「爆発」
家出とか実家に帰るとか別れとか、
既婚者は離婚まで
発展していくとかに
繋がっていくことと思います。

他人同士は所詮他人です。

いくら同じ時間を共有しても
感じたり想ったりする事、
またはその感情が
沸き起こるタイミング違ったりします。

唯一生まれるであろう感情は、
「信頼」です。

信頼するという
「想い」が生まれます。

話を戻しますが、
本文の冒頭に記載したことは、
「起こりうる」と言うことになります。

必ず起こるかどうかはわかりません。

もしかしたら、
「信頼」の上に感受性が
変わるということが
起こるかもしれません。

文句ばかり言っても
結局始まりませんからね、正直。

まあ気楽に生きて、
小さな「幸せ」を感じれれば、
「幸せ」じゃないですか??

焦らないで
生きていきましょうね。

ではまた!!


ADS ver.2.0 無料メルマガの申込み
☆☆☆☆不労所得無料で手に入れるチャンスですよ☆☆☆☆

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

 - ブログ