ちょっとだけ裕福になる為に・・・

人より少しだけ裕福になりたい                 そんな願いを叶える為の手助けをしていきたい。         月100万円を稼ぐ為への入口へようこそ

思考は「時間がかかるが」現実化する ~やなせたかしの人生に学ぶ~

   

LINEで送る
Pocket

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

インターネットで月10万円稼ぐ方法を無料公開
https://canyon-ex.jp/fx19753/touroku4

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

こんにちは、HaYaToです。

「思考は現実化する」という言葉は、
自分でビジネスをしようと思っている人であれば、
自己啓発の本などでもう飽きるほど
聞いてきたことでしょう。

ここではこの言葉について私の意見を述べます。

cf424ba74e5d01ff161f542c52361d90

■思考は「時間はかかるけど」現実になる

まず、思考すれば何でも現実になるなんて
いうことはあり得ません。

たとえば今29歳の人で年収300万の人が
「30歳までに年収1億」なんて目標を立てたとしても、
現実には絶対にならないわけです。

(する方法もあるかも知れませんが、
一部の天才を除けば、大抵は詐欺まがいの方法です。

なぜなら「世の中にとって1億の価値のあること」が、
そんなにすぐに生み出せるわけがないからです。
*繰り返し言いますが、一部の天才は別です)

少し話がそれました。

つまりいくら「思考は現実化する」と言っても
「限度がある」ということです。

最終的には叶うにしても、
それがすぐに実現するとは限らない、
自分が脳内で決めた「締め切り」までに
絶対に実現するとは限らない、ということです。

■しかし、後々実現することは多い

ところが、「すぐに」は実現しなくても、
本人すら忘れていたような頃に思いがけず実現する
ということはよくあります。

たとえば漫画家のやなせたかしさんは、
長い漫画家のキャリアの中で、
自分に代表作がないことをずっと
嘆いていました。

アンパンマンでブレイクした頃には60歳を
過ぎていましたが、それまではずっと、
自分より年下の手塚治虫などが大活躍しているのを、
ずっと横目で見ている人生だったわけです。

60歳も過ぎると、人生は晩年です。まして
やなせ先生の世代であればなおさらでしょう。

「もう自分に代表作なんて生まれないかな」という
ネガティブな気持ちになったことも多々あったそうです。

■アンパンマンのアニメ化にも、15年近くかかった

実際、アンパンマンの出だしも不評で、
出版社には「もうこの一冊で終わりで」と言われていたし、
保護者世代の評価も散々だったそうです。

ただ、子供たちには意外な人気があり、
それが地道に続いていくうちに、15年経ってようやく、
アニメ化したんですね。

その時やなせ先生は70歳が近づいていました。

やなせ先生も、早くから「代表作がほしい」と
思っていた以上、「○○歳までに国民的な作品を描く」
みたいなことは何度も考えていたと思います。

少なくとも、こんな遅い年齢になることを希望も
してなかったでしょうし、予想もしていなかった
でしょう(普通は不利な年齢ですから)。

しかし、やなせ先生の思考は「時間はかかったけど」
実現したわけです。私が「思考は現実化する」という
言葉に「時間はかかるけど」と追加するのは
そういう理由です。

私たちもビジネスをするにあたっていろいろ目標を
立てると思いますし、その締め切りを守るのも大事ですが、
それを守れなくても、そこで終わりではない
ということをよく意識しましょう。

ads
ADS ver.2.0 無料メルマガの申込み
☆☆☆☆不労所得無料で手に入れるチャンスですよ☆☆☆☆

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

 - ブログ